Usine Hollyhockを使ってみる

DAWやりたいな~と思いつつ、人気のあるAbelton Liveなんかは中々お値段するし、他にいい感じのやつないかな~~~とぼやいていたところ(貧乏)、有識者の方からUsine Hollyhockっていう面白そうなのがあるよ、と教えていただき、いっちょ気合入れてやってみるか!と有償版を購入したのが去年の秋。そこから何もやらずに半年が経ちました。

これではいかんということで、今さらながら入門していこうかなという回です。以下、触り始めの所感。

Usine Hollyhockのいいところ

  • 安い。機能制限無しのPro版でも2万切ってる(2022年5月現在)
  • かなり自由度が高い。なんでもできそう
  • UIが独特でなんかかっこいい
  • 映像/DMX(照明)etcとの連携にも向いている

Usine Hollyhockの悪いところ

  • ユーザーが少ないので情報が公式が出してるチュートリアルしかない
  • チュートリアルも英語・仏語のみ
  • 自由度が高すぎてなにから手を付けていいのか分からない

特に「何から手を付けていいのか分からない」さがすごいので一歩踏み出すまでの精神力を要します。

とりあえず音を出してみたい

まずラックという箱(容れ物)があり、その中にパッチを追加・作成することで音を出すことができる。というところの理解が初めの一歩になりそう。

このパッチ作りの自由さが多分Usine Hollyhockの肝で、いろんなモジュールを自由に組み合わせ(パッチング)ることでいろんな構成を作ることができる。

とりあえず何か簡単なリズムパターンみたいなのを作ってみようということで、まっさらなところからパッチを作ってみることにした。

まず新規ラックを追加し、空のラックのPatchの部分をダブルクリックするとパッチ作成画面が開く。

パッチ作成画面で右クリックするとモジュールの検索ボックスがでるので、シークエンサーに使えそうなモジュールがないかなーと「seq」と入力してみたところずらずら出てきた。「Data Generator Sequenced Triggers」というのが使えそうなので、これを選択してパッチに追加。

するとラック内のパッチに何かが出現。見た目めちゃくちゃ簡素だがステップシーケンサーっぽい。1STEPごとに再生位置が進んでいって色が明るくなっているところ(クリックでオンオフ可)でトリガー信号が出力されている模様。

続いて出す音の準備。今度はパッチ作成画面にサンプラーを追加する。これも右クリックでsamplerで検索してひっかかったのからplay-onlyのサンプラーモジュールを追加した。ラック内パッチにサンプラーの緑色の枠が出るので、そこに鳴らしたい音データをドロップする。

あとはトリガーが出たら音を鳴らす、という仕組みにしたいので、シーケンサーの出力をサンプラーのモジュールのPlayに繋げる。最後にサンプラーの出力をオーディオアウトに繋げれば、シーケンスパターンに沿って音が出る仕組みの完成。

モジュラーなので、samplerのplay入力にシーケンサーじゃなくてボタンを繋げればボタンのオンオフでサンプラーを再生することもできるし、作りこみは無限大という感じ。

モジュール同士を繋げる線の色がデータタイプによって分かれているので(上の画だと緑はオーディオデータ、ピンクはトリガーデータ)この辺に留意してパッチングしていけばどうにかなりそう。

で、音が出せたのは良いが、これだと一定周期をループしているだけ。DAWっていったらもっと横長に作っていくというか、sectionAがあってsectionBがあって…もしくはAメロがあってBメロがあって…という感じで時系列に沿って構成していくイメージなんだけど。。

Usine Hollyhockにもそれらしき画面がありました。左端メニューのマトリックスみたいなアイコンを押すと、Grid編集画面というのがでてきます。

ここにラックをドラッグして置いていけばラック単位で時系列順に曲を作っていけそうです。

で、なんかWavデータもそのままGrid画面に貼り付けられたんですけど、画面上の見た目から何故かちょっと発音に遅れが生じるんですよね。。(←発音の遅れは、中途半端なところからループ再生を始めると起こることが分かりました。ちゃんと頭に戻ってから再生すると大丈夫)

あと謎のプチノイズが発生してしまいます。処理が重くなるのかな?こういう時にあんまり情報がないのが Usine Hollyhock のつらいところ。。フォーラムを探して質問すればよいんでしょうが、英語で質問するの尻込みしてまう。

かといって音源の数だけラックが増えるのはなんかな~なので、音源ファイルはGridに直接貼った方が直観的ですよね。この辺のやり方はどうすれば効率的なのかまだわかってません。

次回に続く。。。?

デカフェレポ:ブルーボトルコーヒー

コフィノワの豆が爆速で無くなってしまったため、とりあえず通勤途中にあったブルーボトルコーヒーの店舗で豆を買ってみた。

やはしパッケージロゴがおしゃれなのでテンションがあがる。

値段設定はやや高めだけど、今回は送料がかかっていないから許せる。

グアテマラとインドネシアがブレンドされてて、クリーミーな味わい、とのことだったが、普通に飲みやすかったですね。

というか、「普通に飲みやすかったですね」以上の感想がもう出てこないですね。

デカフェレポとかいって色々飲んではみてるけど、「うまい」「ちょっとうまい」「ちょっとうまくない」以上に細かい味の解像度がないからこっちには結局。もうなんかはっきり言ってよく分からなくなってきたよ所詮素人だからね。

とかいうと終わっちゃうから関係ない話するけど、コーヒーはやっぱりクッキーとかお菓子と一緒に食べるといい感じになれるから、クッキーも自作したい!とおもって、ぶっこわれたまま10年ぐらい放置してたオーブンをこの前新調した。

で、クッキーとか材料混ぜて焼くだけだし楽勝だろ、とおもって実際やったらべちょべちょとぼそぼそが共存するきもーい物体が出来上がって落胆して、落胆ついでに「おれはなにをやってもまともにできない…」って自己嫌悪が爆発して生きていくのがつらくなったんだけど、それでも何回か挑戦してたらまともになってきたし(いまだにクオリティは安定しないが)、自分で作ったお菓子が美味くできると「生きてける気がする度」が向上するなってことが分かった。

タイムアタック要素の強い「炒める」という工程とか手先の器用さが関係してくる「包丁で切る」とかの工程が苦手だからいわゆる「料理」は苦手なんだけど、それに比べるとお菓子作りの工程は割とねるねるねるねの高尚版みたいな感じだから楽しい。

これからもコーヒーをおいしく飲むためにお菓子いろいろ作ってみたい。

デカフェレポ:コフィノワ

今回はコフィノワの「デカフェ メキシコ マウンテンウォータープロセス」。

通販だとやはし送料がネックになる。普通の宅急便で送ってくるものだと850円とかしたりして、もはや本体価格より高いまである。

ので今のところオンラインショップでは大体送料が安いショップを選んでいる。

今回頼んだコフィノワも500gまでクリックポストで全国一律200円で送ってくれるのでよかった。是非すべてのオンラインショップでクリックポストとかネコポスとかでの配送を採用してほしい。(梱包サイズの問題とか色々あるのかもだが。。)

しかもなんか頼んでから届くまでめちゃ早くてびっくりした。焙煎日とかとの兼ね合いが偶然よかったのかもしれないが助かる。。

常に写真撮るの下手

「酸味が少なくバランスのとれたカフェインレスコーヒー」と書いてあるので、飲みやすい感じなのかな、と予想はしていたが、実際飲んでみると、これはもう、水。(語弊がある言い方)

これはもう水、とかいうと、ネット構文みたいになってしまうけど、ほんと心のままの感想。水っていうか、白湯。白湯ですね。(語弊がある言い方)

というかコーヒーの感想で「雑味がない」っていうのが今までよく分かってなかったんだけど、これのことなのかもしれない。雑味がないので何杯でも飲める(雑味ゼロ理論)

そういうわけであっという間になくなってしまったので、今全部記憶でこれを書いているけど、なんか本当にそんなコーヒー存在したか?ぐらいの気持ちになってる。白湯を超えて霞に近い。(語弊がある言い方)

記憶を確かめるためにもこれはまた試してみたい。

processingでテクニカラー時代映画風の画像フィルターを作る

U-Nextに加入したので、MGMのテクニカラーのミュージカル映画とかを改めて観ていたらどれも夢みたいな色彩で素晴らしく、一体テクニカラーってどういう理屈で色を付けているのかな?と疑問におもった。

上の動画によると、映像を撮るときにRGB要素別に分解したネガを反転させ、それぞれの補色で染め、それをまた合体させる。。という原理のもよう。

要は元の絵からRGB分解したものを再度合体させているだけなので、デジタルでやると同じ手法をとってもオリジナルの色味がそのまま再現されてしまうだけ。

たぶん、アナログだとフィルム染めるときに色むらがあったり、合成するときのずれだったり、染料のシアンやマゼンダの色味とかが作用して独特のかんじになっているんだとおもう。

そりあえず彩度の高さとコントラストの強さ、あと滲んだムラのある感じを真似したらそれっぽくなるのかなとおもったので、画像の色情報を取って、ブレンドモードをハードライトにしてそのまま点描してみた。

PImage img;

void setup() {
  size(500, 1000); //画像のサイズ
  img = loadImage("img/input.jpg"); //画像読み込み
}

void draw() {
    noLoop();
    //ピクセル読み込み用
    loadPixels();
    img.loadPixels();
    //点描設定
    noStroke();
    blendMode(HARD_LIGHT); 
    float alpha = 40;
    float pointSize = 4;
    //画像サイズ分ループ
    for ( int y = 0; y < height; y++ ) {
        for ( int x = 0; x < width; x++ ) {
       //ピクセルごとの色情報の取得
            int loc = x + y * width;           
            float r = red( img.pixels[loc] );
            float g = green( img.pixels[loc] );
            float b = blue( img.pixels[loc] );
         //取得した色で円を描画
            fill( r, g, b, alpha );
            ellipse( x, y, pointSize, pointSize );
         }
     }    
 }
左がオリジナル、右が加工後

結構これだけでもそれっぽい感じの色味になった。

さらに、描画する円のサイズを細かくしたり、描画位置(ellipseの(x,y)部分)にランダムな値を加えたりしてフィルムグレインっぽさを追加すると昔っぽさがでる。

円描画にランダム要素を追加

ついでに、シアン、マゼンダ、イエローをブレンドモード=MULTIPYEで描画したあと、ハードライトでハイライトを追加するという加工も試してみた。

PImage img;

void setup() {
    size(500, 1000);
    img = loadImage("img/input.jpg");
}

void draw() {
    noLoop();
    loadPixels(); 
    img.loadPixels();
    noStroke();
    float alpha = 50;
    float pointSize = 8;
    
    for ( int y = 0; y < height; y++ ) {
        for ( int x = 0; x < width; x++ ) {
            int loc = x + y * width;
            float r = red( img.pixels[loc] );
            float g = green( img.pixels[loc] );
            float b = blue( img.pixels[loc] );
            float n = random(50); //ランダム値を作成
            //MULTIPLYモードでシアン、イエロー、マゼンダを描画
            //ランダム値を足して色むらを表現
            //描画位置をずらして版ずれ?っぽさを出す
            blendMode( MULTIPLY ); 
            fill( r+n, 225, 225, alpha );
            ellipse( x, y, pointSize, pointSize );
            fill( 225, g+n, 225, alpha );
            ellipse( x+2, y, pointSize, pointSize );
            fill( 225, 225, b+n, alpha );
            ellipse( x, y+1, pointSize, pointSize );            
            //HARD LIGHTモードでグレースケールを付加してハイライトを付ける
            blendMode( HARD_LIGHT ); 
            fill( ( r+g+b )/3+100, 15 ); //白っぽくするため100足してる
            ellipse( x, y, pointSize, pointSize );          
         }
     }
 }
 
乗算+ハードライト

これはこれで彩度の低さがレトロっぽくてロマンチックな気がするし、ぼやけ方が写ルンですっぽくもありエモ。

因みに使った写真はおととしタイに行ったときに撮ったもの。また行きたいなあ。。

デカフェレポ:innocent coffee

今回はinnocent coffeのデカフェ 浅煎りSAKURA

購入した時に、おススメドリップ方法とか会社の説明とかが書いてある小さい冊子がいろいろ付いてきたので嬉しかった。小さい冊子好き(ZINE的なものを感じる)。

innocent coffeは軽井沢焙煎所の豆を販売しているCafe‘ Sucre‘‘が母体にあり、その中のデカフェ専門コーナーとして存在しているらしい。ので、デカフェだけで種類が色々ある!ひとつのサイトの中でデカフェだけで深煎り・浅煎り、豆の種類がこんなに選べるのはまじ楽しい感謝。

今回は苦さ控え目で一番クセのないっぽいやつをチョイスしてみた。

浅煎りSAKURA

前に浅煎り飲んだ時も思ったけどやっぱり浅煎りは豆茶的な豆感がある。すごいマイルドなお茶って感じ。

で、これも前に浅煎り飲んだ時も思ったけど豆を買ってから1週間ぐらいすると明らかに味が変わってくる。

今回のは途中から若干酸味が増した気がする(酸化したということなのか?)。でもこれもまた前に浅煎り飲んだ時も思ったけど私は新鮮なやつよりちょっと置いてたやつの方が美味く感じる。

そういえば紅茶のティーバッグも賞味期限ギリギリのやつのほうが美味く感じたので、なんか肉も腐りかけが美味いっていうしそういうことなのかなと思うけど、もしかしたら私の舌のほうが腐っているだけなのかもしれない。